仙台紀行

永い永い休暇を頂いたので仙台4泊5日の旅に行ってきました。別に仙台である必要は無いんですが、まだ行ったことが無かったので。あと分厚い牛タンが食べたかった。

 ノープランで行ったわりにはかなり散策できたと思います。これで仙台クリアですね。

 牛タンは「たんや善次郎 駅前本店」で頂きました。牛たん定食(3枚)、牛たんシチュー、真中たん・善次郎定食の3メニューをチョイス。

分厚い牛タン、良い。歯ごたえがしっかりあるのにちゃんと噛み切れる、丁度良い固さが素晴らしい。そしてあまり脂っこくないのもありがたい。

シチューもウマイ!肉の量が凄い!これはもう約束されたウマさですね。ありがとう。

あとは定食に付いてた青唐辛子味噌も良いですね。これと白米ととろろでいくらでも食えるんじゃないか?

たんや善次郎は東北にしか展開されてない様子なので、牛タンが恋しくなったら利久に行ってみます。

 はらこ飯は少し焦りましたね。松島で食べるつもりだったんですが、松島は怒涛の穴子推しでどの店もはらこ飯がない。鮭の旬ってまだなんか?どうぶつの森では9月下旬にはもう取れるでしょ?違うの?

別の日に仙台駅地下の食事処で無事食べられたのでセーフです。

 それから麻婆焼きそば。宿の近くにある中華料理屋(?)で「仙台麻婆ナス焼きそば」とかそんな感じのメニューを見て「何でも仙台って付けりゃいいと思うなよ」と思ってたんですが、案外他の店でもラインナップされてました。じゃあ食うかということで、国分町辺りにある中華料理屋「美香園」に立ち寄りました。

メニューにあったのは「麻婆焼きそば」で、ナスは入ってない様子。揚げてないナスはそんなに好きじゃないからこれはむしろありがたい。「中国生まれの一級点心師」を凄いプッシュしてる店だったので、ついでに餃子と小籠包も注文。

麻婆焼きそば、アリ!麻婆と焼きそばの組み合わせが良いとかではなく全く別物として「麻婆豆腐と焼きそばを一緒に食べてる」ような味だけどウマイ!麺が一部パリパリなのもポイント高いですね。麻婆丼の米を焼きそばに変えた感じか?なんにせようまいものはうまい。

それよりも餃子がうまい。王将と冷食以外の餃子を食べるのが久しぶりというのもあってめちゃくちゃうまい。一級点心師は伊達じゃなかったわ...伊達政宗だけに。

 ずんだはアカン。これはアカンと思います。出会う順序がアカンかったのかもしれませんが、これはマズい。

順序としては ずんだメロンパン→ずんだサイダー→ずんだ餅 なのですが、メロンパンは普通にメロンパンとして美味しかったです。ただサイダーがダメ。一日仕事した後の靴下みたいな風味が口の中に広がってゆく地獄。これ何?悪ふざけの産物か?アニメラベルだし悪ふざけか?と思うレベルでアカン。

ただ、ずんだサイダーだけがクソマズい可能性もあるので一応「村上屋餅店」のずんだ餅を買ってきました。出会う順序が悪いと書いたのはこのサイダーと餅の事ですね。ずんだ餅からごく僅かにずんだサイダーと同じ味がする。サイダーを飲んでいなければ気付かなかったかもしれない靴下の存在に気付いてしまう。一度気付いてしまうともう靴下なんですよね。餅そのものはいい食感なので、あんことか醤油と一緒なら美味しい餅になれたんだろうなと思いながらずんだ餅3個を黙々と食べました。

ずんだ餅を食べる前にずんだサイダーの味を知ってはいけないという知見です。活用してください。

ずんだシェイクは別物です。あれはずんだ餡の負の側面を消した緑色のバニラシェイクです。おいしいですね。

 まだ他にも色々ありますが、かなり長くなってしまったのでサクッとまとめます。

秋保温泉

平日昼間に行ったので私1人です。ありがとう。水曜日は天文台休み且つおはぎが入手できない可能性があるので他の曜日に行きましょう。私は水曜日に行って絶望しました。ただ、おはぎは仙台駅でも入手できます。諦めないで。

ニッカウヰスキー蒸留所

コロナウイルスの影響で限定品のチョコが生産されていない悲劇。そして蒸留釜は工事中。引きが強すぎる。ミニチュアボトル5本入りを3セットも買ってしまいました。

松島ではらこ飯に出会えなかった日、仙台駅近くのラーメン屋で昼食をとってました。15時前くらいの微妙な時間だったので餃子売り切れの悲劇に見舞われましたが、坦々麺は滑り込みセーフだった様子。私が食べている間に何人も追い払われていきました。かわいそうに。

あとは松島とか青葉山公園、うみの杜水族館等々です。だいぶ網羅したんじゃないか?これで仙台クリアですね(1)。仙台はいいぞ

このブログは文の途中に画像を挿入できないみたいなので、写真はTwitterにパラパラと上げていきます。

おわり。